チームのよさがみえる会議

「自然に心を開きあうことができて、心の深いところと深いところでつながり合える」 それが自然に起こる場を。 ともに何かを創ろうとするチーム・組織の中にこそそんなつながりに満ちた関係性を。 そう願うチィ&いほこのブログです。

リーダーシップと、傷

ミーティングでの衝撃!


先日のチームミーティングで仲間から伝えてもらった、

「チィちゃんはこの役割をしてくれてるよ」。
 
 
「とりまとめて、進める。
つまり、リーダーシップ」
 
と言われて、衝撃を受けましたー!!

f:id:omoimierukaigi:20160215001708j:image
 
 
あまりの衝撃に、もらった言葉をカードに書いたとき、「ひーーーー」という叫びも書いてしまったぐらい(笑)
(しかもなぜか縦書きに)
 
 
リーダーとか、リーダーシップとか…
もうこの先 わたしには無縁のものだと思っていたのです。
 
過去に、組織の長を務めた経験が何回かあるんだけど、その中でいくつかの痛みや傷が大きくて、「リーダー」的な立ち位置には近づかないようにしてたのです。

もう10年ぐらい、「リーダー」という役職にはついていないんじゃないかな。
(何をリーダーに含めるかは認識の違いがあるだろうけど、わたしはその役職についたつもりがない、ということ)

でも、自然にリーダーシップをとっているよ、と言われて、「まさか!」って(笑)



傷。


深い傷を負ったリーダー経験は、過去に二つ。
「いいリーダーじゃなかった」「チームのことを考えられなかった」痛み。
「孤独」、「自信がない」、「どうせ皆わたしのことを頼りないリーダーだと思ってるだろう」、「少しでも認められるために頑張らなくちゃ(=チームメンバーに頼れない)」などなどの、傷。

リーダーになったら、またその傷が開いてしまう!!
 
いや、実は、ほんの3ヶ月前には、リーダーどころか「チーム」とも無縁でいくつもりでした(。-_-。)
「プレーヤー」を極める生き方でいいじゃないか、って。

「チーム」に関わったら、傷を持つわたしは危険なのだ!!と信じていたのだと思います(笑)


でも、心ふるえるところに気づいてしまった。



チームと関係性への想いが芽生えてしまった。



だからこんなに「チーム」に熱いわたしになれて、「傷があるから」なんて遠ざけていられなくなって(笑)
それでもまだ「リーダー」は遠ざけていた(つもりだった)けれど、やっぱりそれも遠ざけられないんだな。


「傷」は、直視しようとしていなかっただけで、もうすっかり かさぶたになっているのかもしれない。
勝手に、まだジュクジュクした傷のように思っていただけで。


あの頃のわたしや、わたしがリーダーだったチームが「チームの想いがみえる会議」を知っていたらどうなっていたんだろう。

もっと安心して自分を出せていたら。
自分やチームメンバーの、そのチームに関わることの想いがお互いにみえていたら。
それぞれがそもそも持っている良さを活かして、役割を自然に分かち合えていたら。

どうなっていたんだろう(o˘◡˘o)

もちろん、あの頃のチームとそこにいたわたしにはもう届けられない。
でも、あの頃のわたしが感じていた痛みは、これから「チームの想いがみえる会議」を届けていくのに必要だったのだな、と今は思うのです。

これからも傷が疼くことはあるだろうし、無意識に傷を庇うこともあるかもしれない。
でも、その傷も活かしていきたいのです(o˘◡˘o)