チームのよさがみえる会議

「自然に心を開きあうことができて、心の深いところと深いところでつながり合える」 それが自然に起こる場を。 ともに何かを創ろうとするチーム・組織の中にこそそんなつながりに満ちた関係性を。 そう願うチィ&いほこのブログです。

問いが変わると。

こんにちは、チィです。
 
冬至あたりから、よさ会議に関する、わたしの中のメインの問いが変わったのですよ。

今日は、そのお話。
 
 

新しい問い。


どう変わったかというと。

【前】
●どのようにしてよさ会議を届けていくか?
●どのようにして届け先に出会うか?
 
 
【今】
●よさよさな世界観/よさよさな関係性が
 広がるためにできることは?

です。
 
 
よさ会議を届けたいと思っていたのは、よさよさな関係性のひとたちが増えることを願っていたから。
そこは間違ってなかったし、その想いは変わらない。
 
でも、手段はそれしかない!ぐらいに(無意識で)なってしまっていたかも、とも思います。
 
 
ほんとうに大事なのは、わたしがよさ会議をする場が増えることではなく、 
この世界によさよさな関係性が広がること
 
それにあらためて気づいて、
新しい問いが出てきたわけです。
 
その問いにこたえてみたら、よさよさを広げるためにできることのアイディア、いろいろ出てきました(*´艸`)
仲間のいほちゃんと共有して、何から着手するか考え中です!!
 
 

よさよさな関係性に、よさよさな問いを!


問いが変わると、
こたえが変わる。
 
…だよねぇ。
と再認識した、魔法の質問認定講師®でもある、チィなのでした(●´ー`●)

ちなみに。
よさ会議でも、「質問」を活用することが多いのです。

よさよさな関係性、
じぶんがよさよさな状態であること、
よさよさな気づき。
それを引き出すのに、よさよさな問いはとても有効。

その「問い」の質にこだわっていきたいと思っていますよ(´◡͐`)