チームのよさがみえる会議

「自然に心を開きあうことができて、心の深いところと深いところでつながり合える」 それが自然に起こる場を。 ともに何かを創ろうとするチーム・組織の中にこそそんなつながりに満ちた関係性を。 そう願うチィ&いほこのブログです。

いつも以上に素直に意見が言えました

 

いつも以上に素直に意見が言えました

 

先日、ヘアサロンの方を対象に行った「心理的安全性セミナー」にて、

最後に参加者のお一人が言われた言葉です。
 
----------------------------------------------------------------------------------...
心理的安全性を知って、いつも以上に素直に意見が言えて
 かなりスッキリしました。
 何を言っても許されるという環境だから言えたと思います」
----------------------------------------------------------------------------------
 
この方は同じサロンから3人で参加されていました。
このお店では、普段から
いろんなお話をされているんだろうな、という雰囲気が
最初から伝わってきていましたが、
その上でさらに「素直に意見が言えた」と
感想を言われました。
 
 

f:id:omoimierukaigi:20170707135805j:plain

何を言ってもいい、ということ


この「何を言っても許される」ということ。
こうお伝えすると「不平不満を言ってもいい」と
捉えられることがありますが、そうではないのです。
 
「自分はこう感じている」「こう思っている」ということを
『伝えてもいい』と自らが感じられる環境ということです。
 
いいと思っていること
大切にしている考え
ここは実はこうしたい、と思っていたこと
ちょっと寂しいと感じたこと
どうしていいかわからなくて困っていること
 
そんなことを「ここで話しても大丈夫だ」という環境で
話すことができる。
そして受け止めてもらえる。自らも受け止められる。
そんなチームに自分がいられたら…
ぜひ想像してみてほしいです^ ^
 

心理的安全性を創り出す


この「心理的安全性」は、偶然に頼るものではなく
創り出すことができるのです。
その方法はいろいろあると思いますが、私たちはそれを
「チームのよさがみえる会議」で創り出しています。
 
ぜひ、この感覚を体験していただきたいです。